時下、益々、ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 東日本一の規模と言われた伝統の行方市麻生産業文化祭も、平成18年で50周年を迎えました。
 当会では、半世紀を過ぎ一区切り付いた現在、産業文化祭を総合的に見直し『なめがた あきんど祭』として再構築し企画したものです。平成19年は第1回目として、茨城県がんばる商店街支援事業を活用し、合併により同一の行方市となった市内全区域(麻生・北浦・玉造)の商工業者に呼びかけ、消費者の多くを占める地域住民のニーズの変化に対応した事業形態に移行し、十分な地域貢献を踏まえ、地域商工業と住民との購買コミュニケーションの醸成に向けた多彩なイベントを実施し盛大に開催するものです。
尚、見込み来場者数は3日間で5万人を予想しております。
 この事業推進の中で、今後の商業者のあるべき姿を、実践研究し、探求できるものと期待しており、その方向性は皆様の意識改革と思っております。『お客が来ないから売れない』との言い訳が多く聞かれますが、多くの人が集まる条件の中で販売やサービスの提供がどのように成立するのかなどの研究をこの事業で実施して頂きたいと思います。厳しい経営環境の中で勝ち残りをかけて、差別化・選別化された商品やサービスを提供することで消費者の評価を獲得してゆくテストケースとしてこの事業をご利用ください。
 なお、今回の事業につきましては出店者の皆様と来場のお客様に「なめがた あきんど祭」についてのアンケート調査を実施いたしますのでご協力ください。
 
 
2003年から会場が、麻生小学校から 行方市麻生運動広場へ変わりました。
2007年から 産業文化祭が、『行方あきんど祭』へ変わりました。
 
2007 第1回なめがたあきんど祭
2009 第3回なめがたあきんど祭
2010 第4回なめがたあきんど祭
2011 第5回なめがたあきんど祭(北浦会場)
2011 第5回なめがたあきんど祭(麻生会場)
2012 第6回なめがたあきんど祭
2013 第7回なめがたあきんど祭
 

 

〒311-3832 茨城県行方市麻生1221 TEL0299(72)0520 FAX0299(72)0634