青沼の春日神社で行われるこの祭りは、11月の23日に参拝者にどぶろくをふるまう奇祭です。平安初期、奈良の春日大社から分社してこの地に神社を建てた際、その祝いに酒を作って飲ませたのが起源と伝えられます。

酒造りは青沼地区四地区の氏子らが持ち回りで行い、当番地区は十月下旬から準備に入り、十一月十日から神社の境内にある酒倉で本仕込みが行われ、夜昼となく見回りを続けて温度を調節してい きます。

祭り開催前には、潮来税務署による酒税の検定が行われ、酒税が納められ ます。

関東地方では唯一、濁り酒の醸造が許可されている神社です。

どぶろくは祭り当日参拝者に無料で振舞われます。

夜には境内で演芸会なども開催されます。

〜〜〜〜〜〜市指定・無形民俗文化財  どぶろく祭〜〜〜〜〜〜

☆春日神社☆  11月23日

 
 

〒311-3832 茨城県行方市麻生1221 TEL0299(72)0520 FAX0299(72)0634