七月下旬から八月上旬に開催される真夏の祭典。

 
 
 
 麻生地区(旧麻生町)では、夏のイベントとして1977年(昭和52年)から『盆踊り大会』が行方市麻生公民館(旧麻生町公民館)で開催されるようになりました。
 その後、天王崎公園が整備され、1992年(平成4年)から会場を天王崎公園に移し、『フェスティバル・イン・麻生』が開催されるようになり、ジャズ演奏・盆踊り・打ち上げ花火・その他イベント盛沢山の、夏の祭典になりました。
 中でも、打ち上げ花火は、霞ヶ浦唯一の湖上花火大会として、活況を呈し、夏の風物詩のひとつとして近隣に広く認知され多数の方にひたしまれて来ました。
 2002年(平成14年)には商工会をはじめ町関係組織が共催する『ふれあい麻生夏まつり』に規模を拡大しつつ引き継がれてきましたが、残念なことに市町村合併前2005年(平成17年)8月の開催を最後に、惜しまれつつ花火の実施は見送られ、イベントはその後2006年(平成十八年)から行方市麻生公民館へ会場を移し、『なめがた踊りフェスタ』として開催してきました。
 そんな中、『夏の花火は今年もやらないの?』『花火がないと寂しいね。』等、花火大会の再開を熱望する声をたくさん商工会にも寄せられてきました。
 そこで立ち上がったのが、商工会青年部。
霞ヶ浦唯一の湖上花火を復活させるため活動を開始しました。
関係各位の方をはじめ、地域の皆様のご協力を仰ぎながら、ここに
『サンセットフェスタin天王崎』として、花火大会を開催することになりました。
 

平成28年サンセットフェスタin天王崎 開催要項

平成25年サンセットフェスタin天王崎 開催要項

平成23年サンセットフェスタin天王崎 開催要項

平成21年サンセットフェスタin天王崎 開催要項

平成20年サンセットフェスタin天王崎 開催要項

花火の写真

 

〒311-3832 茨城県行方市麻生1221 TEL0299(72)0520 FAX0299(72)0634