山田地区で今年は7月28,29日に山田祇園祭りがにぎやかに行われます。この祭りの最大の呼びものは、ちょっとよそでは見れない荒々しい神輿振りでしょう。まず、28日の夜、天王宿に設けた御仮屋から芸津宇田河岸まで神輿をかつぎ、そこから北浦湖中にかつぎ入れ、湖中でもみまくります。このさい、かつぎ手は必ず魚を生け捕ることになっています。その後、宿内をもみ歩くときでも、神輿はできるだけ荒々しく揺り動かします。神輿が暴れれば暴れるほど神が喜び、豊作になり、病魔や災害から逃れることができる、といわれています。神輿の出る夜は、頭にものをかぶることは許されません。祭りには、ほかに祇園尊(神歌)や山車、山田ばやしなどが登場します。 この山田祇園祭りは、山田八坂神社の祭りで、300年ほど前、この地に素戔鳴尊の神輿が流れついたことに始まるといわれます。
 

〒311-3832 茨城県行方市麻生1221 TEL0299(72)0520 FAX0299(72)0634