行方大地で栽培されている野菜「行方ブランド」の紹介。
せり、エシャレット、みつばが農業算出額で(H17年)、そしてみず菜やチンゲンサイ、さつまいもなどの野菜も、全国で上位を占める行方市の農業。
霞ヶ浦・北浦の2つの湖にはさまれているため、県内では温暖な気候に恵まれており、年間を通じて60品目以上の農産物が生産されています。

平成19年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−
あさざが咲く弐湖に醢む茨城県行方市。豊穣な台地は、多くの農産物の生産拠点として、全国に名を馳せています。行方の人々のものづくりの熱い思いが、こだわりの味を生み出しているのです。

平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−
行方、そこは「常世の国」いばらきを代表する豊かな水と台地に育まれ山海の幸に恵まれた美味しい国、そして、『常陸国風土紀』が伝える日本の原風景がここそこに残る麗しの国。旅の心を誘う国。
湖弁・海夫仕込み 「常世の国」と呼ばれ霞ヶ浦(西浦)と北浦に抱かれ山海の幸に恵まれ水の文化に育まれた弐湖の国「行方」には、古代から漁業や廻船を生業とする「海夫」たちが惣津と呼ばれた市民自治の連合組織をつくり、自然と共生しながら助け合い生き生きと暮らしていました。
「湖弁」はこのような自由と規律の自治を行い自然とともに生きていた先人たちの食文化について、現在の行方の特産品である水産物と農産物により行方の味覚として手頃な弁当に仕立てたものです。

平成19・20年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−
行方台地と霞ヶ浦の食材を活かした自慢の料理です。
一食の価値あり!!お試し下さい。

行方市食によるまちおこし事業(茨城県地域振興調査事業)−旧玉造商工会開発商品−

行方美豚
味わい、柔らかさ、すべてが一級品。
行方発の美味しい豚肉を食べに行こう!!
行方産こだわりの豚肉『美明豚(農林水産大臣賞5年連続受賞)』をはじめとする、行方産ブランド豚肉を使った自慢の料理です。

平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−
商工会と地元の潟Nワジマ(鉄鋼業)と共同開発。
コンパクトでキャスター付、イベント会場や、野外などあらゆる場所で活躍できる簡易焼物器。焼いもをはじめ、ピザ、焼トウモロコシなども一度に沢山焼くことができ、保温もできる優れもの。

平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−を動画で紹介。


平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクト −旧麻生商工会開発商品−
行方、そこはでき愛に満ちた、人が和む弐湖の国。
いにしえの時代から築かれた、ひとがひととして住める国。
旅の心を誘う国。
伝統の技 行方市では、芸術創作にたずさわる人々を活かした地域振興を図っています。
そして、貴方のアイディアも地域活性化を促します。
 
 
 

〒311-3832 茨城県行方市麻生1221 TEL0299(72)0520 FAX0299(72)0634